岩崎式日本語

言語研究者である岩崎純一氏が、精神疾患の研究のために考案・制作した人工言語である。 人工言語は、古今東西多く存在しているが、『岩崎式日本語』は、非常に閉鎖的なコミュニティの中で使用されている。
精神疾患者の自我の在り方を主格構造にとりこむことで、人間の精神や感情が品詞や時制の枠組みそのものを変容させ、言語が成立していく。
岩崎氏は、解離性障害や統合失調症などの症状を持つ言語障害者や、言語表現を極端に不得手とする人に対する強い思い入れをもち、 「人間が言葉を交わす」・「人間が他者に何かを伝える」とはどういうことかを考える行為の一つとして、『岩崎式日本語』を創作している。

わたしは、『岩崎式日本語』は文法構造によって「言葉とはなにか」を自己体現した言語表現だと捉えている。 言語芸術作品としての『岩崎式日本語』と、岩崎氏の考えそのものに強く共感し、研究・共同活動をおこなっている。